大阪府「交野市」の医師求人特集(生活&医療情報)

交野市の生活関連情報

大阪府交野市は面積 25.55 km²の市で、周囲には、枚方市、寝屋川市、生駒市、寝屋川市などに囲まれています。

大阪駅までのアクセスは、「交野線・京阪本線・大阪環状線経由」で約50分で行くことができます。
車の場合は、第二京阪道路/国道1号 と 阪神高速12号守口線経由で約45~50分のアクセスです。

交野市といえば、国内最大クラスの人道吊り橋「星のブランコ」が有名です。
その他にも、四季の移ろいを感じられる「ほしだ園地」は、その美しさから年間80万人のかたが訪れています。

また交野市の特産品は、ぶどうや蜂蜜、地酒となっています。
お祭りや行事も盛んで、交野マラソンをはじめ、天の川七夕まつりや、交野いきいきフェスタなどが開催されています。
交野市独自の取り組みとして、交野市企業立地促進条例を行なっています。

交野市の医師に関する情報

大阪府交野市には人口75,033人(2020年国勢調査)が住んでいます。
大阪府門真市の2015~2020年における人口増減率は-1.83%と減少傾向にあります。
この減少率を周辺地域と比較すると、四條畷市と同程度、門真市や大東市に比べると約半分程度の水準になっています。
また大阪府門真市の高齢化率は28.80%と、65才以上の高齢者が約4人に1人以上住んでいる地域となっています。

そんな大阪府門真市の医療施設数を調べてみると、病院が2施設(社会医療法人信愛会 交野病院:208病床、医療法人和敬会 星田南病院:60病床)あることがわかりました。
また、一般診療所数は49施設あることがわかりました。

では、この医療機関数を人口対比という切り口で見てみるとどのようなことが分かるんでしょうか。
大阪府門真市の病院数を人口対比で見たところ、病院数は全国平均値に比べて3分の1程度、診療所は全国平均値よりもやや少ない状態であることがわかりました。
具体的なデータも参照しましょう。
大阪府門真市の人口10万人あたりの病院数は、全国平均値6.49に比べ2.67と約4ポイントも少なく、半分以下の状態でした。

また、一般診療所数を人口10万人あたりで換算すると、全国平均値69.75に対して65.30と、約4ポイント低い状況でした。
こちらは、病院数ほど全国平均値と差が広がっていませんでした。(参照元:2021年11月現在の地域内医療機関情報の集計値/人口10万人あたりは、2020年国勢調査総人口で計算)

次に、大阪府門真市の医療資源として要となる医療従事者数についてチェックしていきましょう。
大阪府門真市に常勤している医師在籍数を調べてみると、常勤医師在籍数は98名でした。(2020年11月現在の地域内医療機関情報の集計値)
この常勤在籍医師数を人口10万人あたりで換算してみると、全国平均医師数250.83人と比べて130.61人と、全国平均値に比べて約120ポイントも低い状態でした。
つまり、大阪府門真市の常勤医師数は、全国平均に比べて非常に少なく、常勤医師数は深刻な不足状態と考えられます。
結果的に、現状の門真市の医師募集ニーズは全国平均値よりも高く、転職時の条件交渉は、医療機関よりも医師の方が優位に進められる地域と言えます。

このように、現状では深刻な医師不足が予想される大阪府門真市ですが、20年後、30年後の推移はどのように変化する予想が出ているのでしょうか。
医師募集傾向の今後の変化を把握するために、大阪府門真市の2020年医療需要の実績を100とした場合の需要変動をご紹介します。
すると、2025年は101、2030年予測は99、2035年では96、2040年予測では95、2045年予測では93と、2045年には2020年に比べて約7%の減少が予想されていました。
このデータから考察すると、大阪府門真市の医療現場での常勤医師募集ニーズは、現状に比べて減少する可能性が高いと言えます。

では次に、介護現場における医師募集ニーズの将来推移についてチェックしてみましょう。
ここでは「介護需要データ」をもとに医師募集ニーズを予想しました。
2020年実績を100とした場合、2025年予測では115、2030年は116、2035年は111、2040年では112、2045年予測では117と、2045年までに2020年に比べて17%増加の可能性があることがわかります。
これらのデータから、大阪府門真市の介護現場での常勤医師募集ニーズは、現状より増加する可能性が高いと考えられます。
交野市の「常勤」新着情報New!
閉じる