東京で老健施設長の医師求人を探す方法

よくあるご質問 転職活動ガイド 求人広告の掲載について
 
ホーム常勤(転職)検索非常勤(アルバイト)検索医師の皆様へ医療機関の皆様へ転職成功事例検討中リスト
医師の転職・募集情報なら医師求人ドットコム「キーワード別」医師求人特集 ›東京で老健施設長の医師求人を探す方法
「医師求人ドットコム」の「キーワード別」医師求人特集

東京で老健施設長の医師求人を探す方法

 インターネットで「東京 老健施設長 医師求人」と検索すると数多くの医師求人を見つけることができます。

 実際に東京都には老健施設が約1900施設ほどあり増加傾向です。そのため、老健の施設長の医師求人数も増加傾向にあります。実際にサイト上に多くの老健施設の医師求人を見つけられますが、重複した情報だったり中にはすでに募集が終了している求人もあり、忙しい時間の合間をぬって正確で鮮度の高い医師求人を探すのは骨が折れます。また、老健施設は種類が多岐にわたるため仕事内容に違いが出てきます。入居されている方の要介護度に違いがあり、看取りまでやるのかオンコールのファースト対応は誰がやるのか等、細かい違いが多々あります。老健施設長の求人の場合、施設を新設するタイミングで募集や採用をすることも多いため、方針や体制作りに関われる求人もあります。
 そのため、目的を明確に持たないと求人情報の渦に飲み込まれてしまいます。つまり、多くの選択肢の中からご自身の希望にマッチする老健施設長求人の探し方を知る必要があると言えます。東京で老健施設長の求人を探す手段は大きく3つに分けることができ、そのメリットデメリットを知ることが重要です。すると効率良く希望条件にあった老健施設長の求人へ応募でき、納得度の高い転職が実現することができます。では、東京で老健施設長の医師求人を探す3つの方法をご紹介します。一つ目は「知人からの紹介」、二つ目は「自分で情報収集して応募する方法」、最後に「医師専門の転職エージェントに依頼する方法」です。
 まず「知人からの紹介」の場合、一般的には非公開の医師求人を誰よりも早く知ることができ、好条件である場合が多いため一番効率が良いよう考えられていますが、デメリットもあります。老健施設の中には、「とにかく医師免許だけもっていれば誰でもいい」「採用コストをかけられない」という理由で紹介による医師募集をしている施設もあります。そのため、転職後の満足度が下がったり、思った以上に仕事がハードなために早期離職される医師もいます。
 二つ目の「自分で情報収集して応募する方法」については、お勧めできるケースとそうでないケースがあります。
まず、この方法をお勧めできるのは、すでに老健施設で施設長としての経験があり、介護業界における業界知識に富んでいる方です。このような方であれば、転職先の施設情報を自分で比較検討して納得のいく決断をすることができる確率が非常に高くなります。一方、老健施設は未経験である方に、この方法はお勧めできません。業界知識に乏しいと正しい判断ができないためです。
 そんな業界経験が乏しい方にお勧めの方法が最後に紹介する「医師専門の転職エージェントに依頼する方法」です。
医師専門の転職エージェントは東京都内の老健施設における施設長の募集傾向を把握しています。そのため、提示されている条件が妥当なのかを医師に代わって判断することができます。初めて老健施設への転職を検討されている方は、医師専門の転職エージェントに相談されてみてはいかがでしょうか。

東京でおすすめできる老健施設のチェックポイント

 

 東京で老健施設長の募集情報を探す方法をご紹介しましたが、ここでは具体的におすすめしたい老健施設のチェックポイントをご紹介します。老健施設長の年収や当直の有無/週の勤務日数などを知ることで、自分自身の希望にマッチした求人を探しやすくなります。

1.残業なし/当直なしの老健施設長 医師求人
 要介護度の低い方を対象にした施設が多く、連携する病院も併設されていることから働く医師の負担が比較的軽い施設長求人と言えます。しかし、その分年収も下がることが多く、平均すると年収1,200万円~が東京都内では一般的です。

2.週4日勤務OKの老健施設長 医師求人
 できれば週5日勤務で募集をしたいが医師の応募がないために止むを得ず週4日勤務OKにしている施設と、勤務医師や看護師の数が十分なために週4日勤務OKにしている施設があります。この違いは雲泥の差があります。前者の場合、医師の誰かが一人でも欠勤や休職、離職となった場合に負担が増えることが目に見えています。後者の場合は、医師の数が十分であるため個々の負担を増やすことなく(もしくは分散して)臨機応変に対応することができます。また、年収は週5日にくらべると200~300万円ほど下がる傾向で、平均すると1,000万円前後に落ち着きます。

3.年齢不問!の老健施設長 医師求人
 近年、定年を迎えても元気に働き続ける方が増えてきました。医師の世界でも、年齢にとらわれずに医師として働き続けたいという方が大勢います。老健施設の中には、そういったパワフルな医師を積極的に採用する施設が増えてきました。定年後も働き続けたい医師におすすめの老健施設長の求人は意外に数も多いので、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

東京都内の老健施設長求人

 

現在、老健施設長を募集している求人情報をピックアップしてご紹介します。ここに掲載できない非公開求人も多数あるので、条件やエリアなどの希望条件をご連絡いただければマッチする医師求人を無料でご紹介します。

 

【老健施設長募集】一般内科・老人内科/当直なし/週4日勤務可(東京都調布市)

病院併設の老健施設から、施設長(一般内科・老人内科)の医師募集!当施設は「「たべる・あるく・わらう」を全力でサポートする」という理念の下、地域の皆様に喜ばれ、必要とされる施設づくりを目指しております。当直なし、週4日勤務可!オンコールも電話対応のみですので、落ち着いたご勤務が可能です。お気軽にお問い合わせ下さい!

当直なし 週4日勤務可 土日休み
●募集科目 老健施設(老人内科・一般内科) ※施設長募集
給与 (5日勤務の場合)年収 1,500万円
(4日勤務の場合)年収 1,200万円
所在地 東京都調布市
施設種別 老健施設
 

エリア別に老健施設の求人を探す

  お問い合わせ

医師求人病院